近視の定義・診断基準

2016年に近視研究会の世話人による協議の結果、
以下の通り、近視の定義・診断基準を定めました。

近視の定義

無調節の状態で眼に入る平行光線が網膜の前方で結像する眼の屈折状態。
視力障害を伴うものは疾患であり、進行抑制・治療の必要がある。

近視の診断基準

近 視
等価球面値が-0.5Dかそれを超えるものを近視とする。
強度近視
等価球面値が-6.0Dかそれを超えるもの、
または眼軸長26.0mm以上を強度近視とする。

医師・医療従事者の方

  • 近視研究会につい
  • 近視の定義・診断基準
  • 学童の近視進行予防7項目
  • 近視研究・論文紹介
  • 学術集会・講習会のご案内
  • 入会のご案内

第2回 近視研究会学術集会

  • お申込みはこちら
  • PDF申込用紙